So-net無料ブログ作成

“青年”(バリトン)=なぜ“オルフェ”?〔その1〕 [登場人物]

このところずっと考えています。そもそも、なんで“オルフェ”なのだろう。

1960年初演時の作品名は『暗い鏡』で、1967年のザルツブルグ・オペラ・コンクール応募に際して改訂された際に『ヒロシマのオルフェ』に改められました。

オルフェといえば、もちろんギリシャ神話の“オルペウスとエウリュディケ”*の主人公。
(*「ギリシア神話」〔石井桃子 編・訳、初版1958~あかね書房 / 新版2000~のら書店〕の表記による)
彼のキーワードを思いつくままにあげれば:
・竪琴の名手
・最愛の妻が毒蛇に咬まれて姿を消す
・地下の死の国に妻を取り戻しに行く
・音楽の力で妻を地上に連れて帰る許しを得る
・「後ろを振り返ってはならない」という禁
・あと少しのところで禁を破る
・死の国に戻されてしまう妻
など。

このギリシャ神話の“オルペウス”と、われらが“オルフェ”こと“青年”(バリトン)について考えてみるのですが、これが意外にもすぐには結びつかない気がしてならないのです。

ギリシャ神話の物語の舞台は、

草原→
地下の死の国→
地上へ戻る暗い道→
日光が見え始めるあたり→
再び別離(妻は死の国へ)

というのが基本的な流れでしょうか。

一方、『ヒロシマのオルフェ』の場面設定は、スコアのとびらの記載によれば以下のようになります。

時 現代
所 日本のある街のかたすみ

第一場 ある街角 夜更け 街灯が一つだけ
ある暗る街角〔原文ママ〕
第二場 ホテルの暗い部屋
第三場 未来の世界
第四場 もとの部屋
第五場 同じ部屋-暗黒世界の片隅
第六場 同じ部屋 朝
第七場 病院の外科病棟


あるいは、登場人物という角度からみてみると(歌唱部分がなくても舞台にいると想定される場合は【 】カッコ付)、

第一場 娼婦たちの合唱団/通行人A・B・C・D(シュプレッヒ・ゲザング)/中年の娼婦あるいは巫女/青年/若い娘
第二場 青年/死の娘/暗黒世界の合唱団
第三場 光の子供らの合唱団/青年/【死の娘】
第四場 死の娘/青年/暗黒世界の合唱団/三人の兵士(黙役)/死の国の運転手
第五場 死の国の運転手/娘/暗黒世界の合唱団
第六場 中年の娼婦/青年
第七場 医師-死の国の運転手/青年/暗黒世界の合唱団/看護婦-死の娘

となっています。

ここまで整理して、いったんおやすみ。〔その2 につづく〕
nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。