So-net無料ブログ作成

20世紀のオペラとしての『ヒロシマのオルフェ』(その1) [作品]

『ヒロシマのオルフェ』の音楽は、明らかに、芥川作品のなかで極めて独自の個性を持っていると思います。
伊福部門下、あるいはストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチらロシア(ソヴィエト)の音楽の影響、という一般的な文脈だけでは、『オルフェ』は到底語れそうにありません。

『オルフェ』は、
1.まごうことなき芥川音楽であり
同時に、
2.極めて多彩な20世紀のオペラの音楽に対する、日本の若き作曲家・芥川によるオマージュでもある。

この2つの要素が統合され凝縮され、しかも大江健三郎の台本を得て、日本語の台詞とオーケストラが稀にみる緊密さで結びついている。ここに、『オルフェ』の比類ない魅力があるのだと思います。

言葉が内包する力学に対して、芥川也寸志は極めて鋭敏です。
さらに、オペラにつきものの「音楽と言葉」という相克への強い問題意識。
西洋音楽の粋たるオペラという舞台芸術の伝統に対する、周到な姿勢。
芥川が『オルフェ』を作曲するということは、まさに心身のすべてを投じた死闘であったに違いありません。

たとえば「光の子供たち」(第三場)で一瞬、ブリテンの歌劇『ピーター・グライムス』のワンシーンを思わせる、ひんやりと透き通って輝く響きが横切る、その鮮烈さといったら。
あるいは、最小限の音で描かれる、救いようのない暗い響きは、ベルクの歌劇『ヴォツェック』を連想させます。ドビュッシーの歌劇『ペレアスとメリザンド』を連想することもあります。

中でも、バルトークの『青ひげ公の城』については、以前から特に気になっています。
一度、『オルフェ』と『青ひげ』を並べてみましょう。

〔その2 に続く〕

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。