So-net無料ブログ作成

20世紀のオペラとしての『ヒロシマのオルフェ』(その3) [登場人物]

芥川の『オルフェ』に、とても縁遠そうなワーグナーの『ニーベルングの指環』。
それでも、すべての20世紀のオペラは、19世紀のワーグナーの一連のオペラと無関係ではありえません。
死の娘という登場人物をキーとして着目するとき、ワーグナーの『ワルキューレ』と共通項があるように感じられてくるのが不思議です。

具体的には、死の娘とブリュンヒルデの類似性。

本来の任務:

死の娘~死の国からの使いとして、死すべき若者を見出し、「幾千年も前から決まっていた真実の恋人」として誘惑するのが任務。若者が娘に心からの愛を告白した時点で、死は決定的となり、願いごとをひとつかなえた後で死の国からの迎えがきて若者は銃殺され、死の国の車に乗せられて運ばれる。

ブリュンヒルデ~天上の神々からの使いとして、戦で死すべき運命にある英雄を選びだし、「死の告知」を行う任務。さらに、戦場で命尽きた英雄の亡骸を天馬に乗せて天上に運び、神々の城ワルハラの守備にあたらせる。


自らの任務に対する裏切り:

死の娘~死の国からの使いが来ると知ってなお、未来を信じて銃弾を受ける青年の、死ぬ前の眼を見て、第5場で「わたしたちは、この人を連れてゆかないことにするのよ」と言い放ち、さらに「罰を受けるのは私よ」と自らの責において死の国の掟に背く。

ブリュンヒルデ~栄誉あるワルハラ守備に迎えることを告げても、誘いを断り愛する妻を守り抜こうとする英雄ジークムントの姿に心を打たれ、神々の長・ヴォータンの指示にそむく決意をする。戦の現場でジークムントに加担し、その罪によって自らの神性を奪われ魔の眠りに封じ込まれるという罰を受ける。

ブリュンヒルデは、結局ジークムントを守りきれず、英雄は命を落としますが、妻の胎内の息子を守ることには成功します。
死の娘は、青年を死の国の銃撃から守ることはできませんが、第5場で死の国へ運搬されることを阻み、その結果として青年は第6場で現実世界に一度生還します。そして、幕切れの手術の場面では娘は青年に「いのちに向かってよ!」と叫びます。彼女の最後の歌詞は「死んじゃだめ!」です。
彼の顔の手術が成功するのか、それともその手術は彼を殺すためなのか、それは明らかにならないまま幕が下りるのです。

第7場、いよいよ手術の前。看護婦(実は死の娘)が青年に薔薇をあげる、短い美しい場面で、「子供たちが見舞に来てくれた薔薇をあなたにも」と歌う娘の対旋律で絡むチェロのメロディ。
「ほんの短い間だけ不幸でな」かったときのことが回想されます。
ピットで愛を歌うチェロ、といえばやはり『ワルキューレ』第1幕の主人公二人の出会いの場面が連想されてなりません。

さかのぼって第2場で、青年のあまりにまっすぐな愛の言葉に、娘が「だれでもいいわ、若い女を、それでも裸で抱きしめると、光や風や真昼のすべてが、おとずれるのよ」と返すとき、そのなかには、隠された投げやりな諦めがあります。

しかし、この「だれでも」に当てられた1オクターブの音の跳躍に、初めて彼女の心が仕事(任務)を離れて青年を愛し始めている、その高揚が表われているようにも感じられます。全曲を通しても特に美しく印象深い歌だと思います。

〔この項、完〕
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。