So-net無料ブログ作成

“意味があるんだ” [作品]

第三場で未来の世界を見た青年が、第四場の冒頭で最初に発する台詞は、直前のト書きによれば「(じつに力強い声にかわっている)」。
そして、

「いまわかったんだ!
白血病で死ぬにしても、
顔の手術をすることは意味があるんだ。
人間の勇気にそれはつながる
手術のあとすぐ死ぬにしても
未来にかけて意味がある。」

と歌います。

「にんげんの ゆうきに」
“の”のAから“ゆ”に当てられたFisへの音の飛躍のめくるめく高揚、そして、そのFisの音は、青年が全曲中歌う音のなかで(おそらく)2回しか出てこない最も高い音です。

この作品では、語られる内容に即して、概して旋律はことさらに平坦に書かれています。
音が高くなったり低くなったりすることがごく少ないだけに、このような音の跳躍や、高音が与える効果は絶大です。もちろん、作曲家はそのことを計算しつくして用いているのだと推測します。

青年の生命が、このFisを歌う高揚においてメラメラと燃え上がるのがみえるように感じます。
彼はこの瞬間、未来へとつながる自身の生の確たる意味をありありとつかんだのです。
その炎の輝きは、青年自身の生命が幕切れでいずれの運命をたどったとしても、永遠に消えないでしょう。

まったくのうろ覚えなので、実際の表現はかなり違うかもしれませんが、20年近く前に読んだ本のあとがきで、ヴァイオリニストの安永徹氏が次のような趣旨のことを書いていらしたと記憶しています。

1人の人間の人生は有限であっても、そのなかで精神的な価値を創造することが、人間の“霊的水準”を高めることにつながる。その高められた“霊的水準”は個人の生命を超えて引き継がれ、さらには宇宙が滅亡した後にも永遠に残る、というようなことでした。

限りなく切実で残酷でのっぴきならない、そのような生を生きるほかないこの“青年”が、「意味があるんだ!」と力強く歌いあげる、この言葉にこそ、この台本の最も根源的な力を生み出している核があり、また作曲家もそれを音楽によって表現しつくしたのだと感じます。

日付が変わってしまいましたが、2010年3月14日、東京で『ヒロシマのオルフェ』を聴いてくださった方々、歌い、あるいは演奏し、あるいはそのことに関わってくださったすべての方々、それでも書き尽くせない、本番の1時間足らずの1回のために舞台に姿が見えなくてもお力をお貸しくださった数々の方々に、そして、台本と音楽のそれぞれを生み出したかけがえのない作家と作曲家に、心からの敬意と感謝を捧げます。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。